このサイトは、『佐賀県時短要請協力金』のオンライン申請用サイトです。
申請期間
申請可能期間
第5期
令和3年9月1日 9時 ~ 令和3年10月15日
第6期
令和3年9月13日 9時 ~ 令和3年10月15日
一括申請(第5期~第6期分)
令和3年9月13日 9時 ~ 令和3年10月15日

なお、一括申請は、各期における1日あたりの協力金がいずれも下限金額(※)で申請する店舗についてのみ可能です。下限金額については以下をご確認ください。
その他の店舗については売上高の対象月が異なるため一括申請ができませんので、ご了承ください。

※ 1日あたりの協力金が下限金額の店舗については、以下のとおりです。

店舗所在地 【 旧唐津市 】

第5期

一日あたり協力金額
2.5万円
(参考)一日あたり売上高の算定式
(令和元年または令和2年の8月の売上高のいずれか高い額)÷31日
一日あたり売上高
8万3,333円以下

第6期

一日あたり協力金額
3万円
(参考)一日あたり売上高の算定式
(令和元年または令和2年の9月の売上高のいずれか高い額)÷30日
一日あたり売上高
7万5,000円以下

店舗所在地 【 その他県域 】

第5期

一日あたり協力金額
2.5万円
(参考)一日あたり売上高の算定式
(令和元年または令和2年の8月の売上高のいずれか高い額)÷31日
一日あたり売上高
8万3,333円以下

第6期

一日あたり協力金額
2.5万円
(参考)一日あたり売上高の算定式
(令和元年または令和2年の9月の売上高のいずれか高い額)÷30日
一日あたり売上高
8万3,333円以下

なお、単月の売上高が把握できない場合は、1日あたりの売上高を下記で算定してください。

 令和元年または令和2年分の確定申告の額 ÷ 365日(決算期間に令和2年2月29日を含む場合366日)

【申請に必要書類等】

  • 1. 営業時間短縮の状況がわかる書類の写真又は写し
    (例)
    • 営業時間短縮を告知した店頭貼り紙の写真
    • 営業時間短縮を告知した自社ホームページやSNSの写し 等
  • 2. 食品衛生法に基づく飲食店営業許可又は喫茶店営業許可の写し

    ※ 対象店舗が複数ある場合は対象店舗ごと

  • 3. 誓約書

    誓約書(様式2)は、こちらから(PDF:116キロバイト)ダウンロードしてください。

  • 4. 振込先口座通帳の写し

    ※ 金融機関名、支店名、預金種別(当座、普通など)、口座番号、口座名義が確認できるページ

  • 5. 届け出る店舗ごとの外景(店舗名入り)の写真

    ※ 第2~4期時短要請協力金(令和3年5月10日~6月5日)のいずれかを受給されており内容に変更がない場合は提出不要

  • 6. 本人確認書類の写し

    ※ 第2~4期時短要請協力金(令和3年5月10日~6月5日)のいずれかを受給されており内容に変更がない場合は提出不要

    (法人)法人代表者の運転免許証、パスポート、保険証等
    (個人)運転免許証、パスポート、保険証等

  • 7. 直近の営業実態が確認できる書類

    ※ 第2~4期時短要請協力金(令和3年5月10日~6月5日)のいずれかを受給されており内容に変更がない場合は提出不要

    令和2年の確定申告書の写し、開業届、直近3ヶ月の売上台帳のいずれか

★特例を活用する申請者は以下の書類が追加で必要です。
 (合併・法人成り・事業承継特例)履歴事項全部証明書、法人設立届出書 等
 (罹災特例)罹災証明書 等

  • 8. 令和元年分または令和2年分の確定申告書の写し(協力金計算に用いたもの)

    (法人)法人税確定申告書別表一の写し(収受印があるもの)
    (個人)所得税確定申告書B第一表の写し(受付印があるもの※電子申請の場合は受付日時、受付番号が印字されているもの)

    ★令和2年9月以降(第6期は令和2年10月以降)に開業した店舗は、上記に代えて開業日がわかるもの
    (法人)法人設立申出書の写し
    (個人)開業届の写し(各時短要請開始日の前日までの受付印を押印されたもの)

  • 9.店舗ごとの令和元年または令和2年の8月(第6期は9月)の飲食業売上高が確認できる書類

    (法人)該当年の法人事業概況説明書(月別売上高)と売上台帳等の売上がわかる資料の写し 等
    (個人)該当年の青色申告(月別売上高)と売上台帳等の売上がわかる資料の写し 等

    ★令和2年9月以降(第6期は令和2年10月以降)に開業した店舗は、上記に代えて開業日から令和3年8月19日までの飲食業売上高を確認できる書類
    (例:売上台帳等の売上がわかる資料の写し 等)

  • 10. 店舗ごとの令和3年8月(第6期は令和3年9月)の飲食業売上高が確認できる書類
    売上台帳等の売上がわかる資料の写し 等

※ 上記以外に必要と認める書類の提出を求めることがあります。

上記書類を、スキャンした画像またはスマートフォン等で撮影した写真で準備してください。(1ファイル5MB以内のJPG(JPEG含む)、PNG、PDF)

申請送信完了後、画面で入力していただくメールアドレス宛てに申請受付控えメールをお送りします。
「saga-kyouryokukin.com」からのメールが受け取れるように設定して下さい。

〔第5期〕
≪売上高方式:中小企業と個人事業主の場合≫
申請画面へ

〔第6期〕
≪売上高方式:中小企業と個人事業主の場合≫
申請画面へ

※1日あたりの協力金が25,000円(旧唐津市の第6期は30,000円)の申請に限ります。
〔第5期~第6期 一括申請〕
≪売上高方式のみ:中小企業と個人事業主の場合≫
申請画面へ

〔第5期〕
≪売上高減少額方式:大企業の場合(中小企業と個人事業主も選択可能)≫
申請画面へ

〔第6期〕
≪売上高減少額方式:大企業の場合(中小企業と個人事業主も選択可能)≫
申請画面へ

※ 第6期の売上高減少額方式による申請は、10月1日9時から受付いたします。

 お問い合わせ先

佐賀県時短要請協力金相談センター
TEL:0952-25-7462
受付時間:9時00分~17時00分(平日のみ)